【 ここからメインエリア 】

あじまーオキナワの風

-沖縄出身の編集長が、沖縄と東京の仲間たちと話の交差点で相対する集い。文化から経済、それに産業の問題点など多彩な話題満載、新時代の形式にとらわれない新しいサロン。-

■富良野の駅は静かだった
国道237号の富良野線で、畑が何と観光地、といった趣の美瑛から富良野市へと車は向かう。
いわずと知れた一世を風靡した映画、北の国から、の舞台だ。映画によって有名になった町で、観光案内に誘われて向かっているのだ。両側は丘陵地帯の畑から、平坦な田んぼ地帯へと変化している。
らだ。
| コメント(0) | トラックバック(0)
朝日新聞の投稿欄「私の視点」に 沖縄県文化観光スポーツ部職員下地芳郎氏の
「沖縄ネットワーク」の稿があった。
概略紹介すると、

| コメント(0) | トラックバック(0)
■    K君とYが抜け2人だけの珍道中の1日
実質的な珍道中の最終日でもある。
ホテルの朝食は、3人揃って朝7時にホテル定番のバイキングでゆっくり済ませる。
Yは夕方までに那覇空港に到着予定で、朝食も早々にホテルから一人で早立ちだが、新千歳空港の11時発の便なので、8時前には駅に向かって荷物を整理。きげんよく、昨日の経験から駅も近いと見て、徒歩で出発する。全て予約された航空券なので、夕方には那覇空港に到着のはずだ。

| コメント(0) | トラックバック(0)
琉球王朝の芸能は、首里王府の滅亡とともに失われていきました。さまざまな人々の努力によってよみがえった『琉球芸能江戸上り』。この映画を通して、文化の力強さや大切さを、多くの人々、特に若い世代のかたがたに知ってもらいたいと願っております。
当日券¥1,800(税込)のところ、特別鑑賞券¥1,300(税込)を預かっています。ご希望の方に販売しますのでご連絡ください。

東京都内有楽町「ヒューマントラストシネマ有楽町」にて、12月3日(土)から16日(金)
2週間限定 モーニングショー開催

内容の詳細はhttp://edonobori.jp/をご覧ください。


江戸上り
| コメント(0) | トラックバック(0)

■沖縄で不要のカーナビの初体験


ホテルの朝食は7時半からと遅い。地下鉄すすきの駅から通勤客と一緒に2駅目の札幌駅下車、駅前のOTSレンタカー事務所に8時過ぎ到着。


すでにYが着いており、レンタカー契約の説明を受ける。車は小型車の三菱コルト5ドア。レンタカー契約者で説明を受けるY、流れもあり免許保持者の3人組では一番若手が、一番目に運転手となった。


僕は2年前に車を捨てた土日ドライバーだったので、お二人よりも車には疎い、いわば戦力外のドライバー。

沖縄では、毎日下駄代わりに車を動かしている那覇空港組2人はベテランドライバーだが、狭い沖縄島内を自分の車で移動するのに、彼らでなくてもカーナビなど不要なのは当然だ。「わ」ナンバーだけが利用している文明の利器だと、勝手に僕は理解している。

| コメント(0) | トラックバック(0)

【 ここからサイドエリア 】



▲ページのトップへ戻る