【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. リフォーム参入講座 >
  3. 第12回 マンションのリフォーム施工前の注意点

第12回 マンションのリフォーム施工前の注意点

2010年現在で、リフォームの適齢期ともいえる築30年のマンションが、約100万戸あるとされていますが、リフォームを考える視点から見ると大きく二つに分かれます。

一つは、水漏れが起きているのに水周りの修繕もできないようなマンションです。これは戸別の住戸をリフォームしても無駄です。リフォーム中の事故も避けられませんので、このような物件のリフォームは避けた方が良いでしょう。

もう一つはきちんと平塚の例のようなマンションです。こういうところは、住戸の集まりである管理組合がしっかりし、定期的なメンテナンス、旧配水管、外壁や玄関・廊下などの大規模修繕のための修繕積立金も潤沢であるということになります。

マンション全体のリフォームである大規模修繕ではなく、専有部分のリフォームでも十分に配慮するべきです。

一般的に修繕積立金の方では、平方メートルあたりで約200円から250円位長期積立金があれば、長期修繕をやっても無理がないが、それ以下の場合は考え物です。

大規模修繕の専門家は、20年から30年の間に給配水管が必ずいかれてくると言われています。しかし、2、30年も経つと入居者が高齢化していることやいろんな理由でもう修繕費用が出せない、ということもあるようです。あと5、6年経つとダメだ、といういわく付きの老朽マンションが目だって来た、という専門家の指摘もあります。皆さんが中古の物件を買うにしても、リフォームをするにしても、その辺をわきまえた上で、判断されたい。

最近は、大規模な地震が多発し、住宅の耐震性が問題となっています。それでマンションの場合は、耐震性を上げようとしても、リフォーム業者の仕事の範囲ではないから、それを抜きにして躯体抜きで中だけをリフォームするということになります。これをやるためには、築数10年の手を入れれば何とかなるというマンションと、これはお金がないのでどうにもならない、という二つに分かれる、ということを認識しておきたい。

   | リフォーム参入講座トップ |


▲ページのトップへ戻る