【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 仮設住宅・考  原 三千雄(家庭大工クラブ幹事長、遊建築設計社顧問)

野次馬住宅時評

仮設住宅・考  原 三千雄(家庭大工クラブ幹事長、遊建築設計社顧問)(2011年10月29日)

新野次馬住宅時評 275号(通巻326号)2011.10.16

設計事務所の友人が東北の被災地(岩手、福島)を視察するということで、7月と9月に同行させていただいた。これはその感想記である。

1・仮設住宅の現状
(1)郡山の仮設住宅は、郊外のスポーツ公園の中にあり、周辺には住宅街は無く、買い物などはかなり不便な立地である。

(2)会津若松市の仮設住宅は、駅の近くの小学校の敷地にあり、市街地の中にあるため生活は便利である。しかし被災した家からは遠い場所になっているようである。

(3)被災した地域は海岸沿いで周辺にはまとまった平地が無く、中央部も山間地のため大規模な仮設住宅の用地確保が難しいことが分かる。

続きを読む(外部サイト:野次馬住宅時評へ)


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る