【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 阿部市郎氏の住宅人生70年編第3弾「自分史で語る住宅産業の検証27――日本的なツーバイフォーを作りたい!

野次馬住宅時評

阿部市郎氏の住宅人生70年編第3弾「自分史で語る住宅産業の検証27――日本的なツーバイフォーを作りたい!(2013年11月17日)

プレハブ開発にだいぶ馴染んできた昭和43年(1968年)の夏(8月)に、「アメリカに視察に行ってこい」と言われましてね、入って1年目のことです。

東京工業大学の後藤一雄先生が団長で、米国のプレハブ工場の視察団です。一応23日の公式日程でしたが、これにあと1週間くらい行きたいところに行ってこいと言われて、1ヶ月行かせて貰いました。

アメリカのプレハブ工場、ナショナルホームズ社(中西部のラファイエット)など、有名な会社のパネルやモジュラーユニットの工場を見て回りました。
 

詳細は野次馬住宅時評387号


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る