【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 阿部市郎氏の住宅人生70年編第4弾「自分史で語る住宅産業の検証28――技術開発と同時に営業力も強化しなければいけなかった(永大倒産のころの話)」

野次馬住宅時評

阿部市郎氏の住宅人生70年編第4弾「自分史で語る住宅産業の検証28――技術開発と同時に営業力も強化しなければいけなかった(永大倒産のころの話)」(2013年11月20日)

深尾(茂)会長は本当に迫力のある方で、秋田合板だったかな、買収をやりました。非常に強気で、株の買収をやって、それを売り戻すというか。それでもって当時で20億とか30億の売却益が出たりしました。

 他にも、木材不況、合板不況がすでに来ていたのに、秋田に工場を作りました。非常に積極経営で、大和銀行も「深尾会長がしっかりしていればとにかく大丈夫。カリスマ的な方だから」と思っていたと思います。

ところが、深尾会長が心筋梗塞で突然亡くなられて・・・
 

詳細は 野次馬住宅時評388号


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る