【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 薪ストーブは生活の普通の道具――予備暖房が当たり前の国にしていこうと薪ストーブ普及に動く建築家の金子稔さん

野次馬住宅時評

薪ストーブは生活の普通の道具――予備暖房が当たり前の国にしていこうと薪ストーブ普及に動く建築家の金子稔さん(2014年3月27日)

日本の薪ストーブの普及率0.5%程度家が1000件あると薪ストーブの入っているのは5軒ほど。ヨーロッパだと桁が違います。

フランスでは予備暖房設備がない家は建築確認がおりないという。電気が止まったら命にかかわるということで、薪ストーブが計画されていない家は建てられないんです。イギリス暖炉はあるのが当たり前という国ですよね

詳しくは野次馬住宅時評404号


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る