【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 流域から学ぶ豪雨対策

野次馬住宅時評

流域から学ぶ豪雨対策(2014年10月24日)

雨は流れる。低いほうへ低いほうへと流れる

どんな土地でも尾根があり谷があり、町中のアスファルト舗装の道路でも雨は低いほうを選びつつ、時に蛇行して流れていく。豪雨ともなれば土石流となり、石や土砂が下流へと押し流される。今年の8月豪雨で多くの死者を出した広島の土砂災害も、雨が低いほうに流れていう道筋の流域(雨水が水系に集まる大地の範囲)で起きた。近頃は豪雨被害が頻発している。

詳細は野次馬住宅時評437号

 

 

 

 

 


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る