【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 木住協の思い出話を一つしておこう――住宅業界のご意見番・笠原高治氏、51年に住宅人生を語る

野次馬住宅時評

木住協の思い出話を一つしておこう――住宅業界のご意見番・笠原高治氏、51年に住宅人生を語る(2015年2月18日)

住宅業界の名物男が、会社を辞める――。

 

「この2月20日、ポラス株式会社を退職します」と葉書をだすのは笠原高治さんである。1943年神戸の生まれ、横浜市大学経済学部卒後、殖産住宅相互株式会社に入社。28年の殖産住宅に在職後、ポラスグループへ移る。ポラスには定年後も理事として残っていたが23年間ポラスにいて、このほど辞めることになった。笠原さんは51年の住宅人生に一つのピリオドを打つ――。

 

続きは野次馬住宅時評445号


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る