【 ここからメインエリア 】

  1. TOP >
  2. 野次馬住宅時評 >
  3. 自分史で語る住宅産業の検証」47  H氏が語る住宅すごろく編 持家制度は銀行のためにあったのか!

野次馬住宅時評

自分史で語る住宅産業の検証」47  H氏が語る住宅すごろく編 持家制度は銀行のためにあったのか!(2015年4月 9日)

「見学したのはモダンな家、すぐに手付けを打ちました。気が短いから……。10万円払いました」

 土地129.93?(39.30坪)、建物60.03?(18.15坪)で、2階に6畳と4.5畳の和室のある2LDK。屋根はコロニアル葺き、外壁はモルタルリシン吹付け。価格は1157万円だった。

詳細は野次馬住宅時評451号


   | 野次馬住宅時評トップ |


【 ここからサイドエリア 】

野次馬住宅時評





  • ヒロとやんばるの空と海
  • あじまーオキナワの風
  • 野次馬時評net
  • 良質リフォームの会

▲ページのトップへ戻る